前へ
次へ

ネイルケアを効率化させるのは入浴

入浴はネイルケアをするうえで非常に効率化な習慣です。
爪に水分を与えることができますし、汚れも落とせるのでケアの作用が倍増します。
お風呂あがりのケアは保湿が要となるので、ハンドクリームをしっかり使用してください。
手をうるおすだけでなく爪のケアもできるので、クリームの膜を形成して守るようにします。
ネイルケアを意識したことのない人は多いですが、紫外線や乾燥によって思いのほかダメージを受けています。
ダメージを放置しておくと爪の光沢を奪ってしまうので、保湿ケアは欠かせないわけです。
より綺麗なネイルケアをするためには、甘皮をうまく処理するのが特徴です。
2週間に1回くらいのケアをしておけば、綺麗な状態を維持できるでしょう。
爪を切るときはガタガタにならないように注意してください。
ガタガタになった部位から爪が割れてしまうケースがあるので、紙やすりでツルツルに仕上げていきます。
もちろん爪専用のヤスリを使用するのもありです。

Page Top